於菊稲荷神社公認ホームページ


  ようこそ於菊稲荷神社へ

 

目には見えませんが、稲荷の大神様

於菊さんが、お待ちしております。

季節御朱印(春風)は、4月20日にて終了致しました。

春風に誘われて、お菊さんが、幸せを届けてくれました。

次の限定御朱印は、5月1日~6日まで端午の節句御朱印です。

御参拝お待ちしております。


御朱印帳に関しましてのお知らせ

 

お菊さんの新御朱印帳

 

福福ちゃん 赤と黒

 

ともに頒布の用意が整いました。

授与所にて、お頒ちしております。

 

御朱印帳 郵送頒布のお知らせ

郵便局にて振り込み取扱票に 口座番号、希望の御朱印帳、ご住所、お名前、ご連絡先を明記の上お振込み下さい。

確認が取れ次第、発送させていただきます。(お振込より7日前後)

御朱印は参拝の証のため、郵送時には書いてありませんので、ご了承下さい。

福福ちゃん 1冊 郵送手数料込 初穂料 2000円

お菊さん 1冊 郵送手数料込 初穂料 2500円

下記参照



拝殿の格天井 天井画プロジェクト

平成29年竣工致しました社殿の格天井に、彩りを添えるため、各地の神社仏閣にお声がけさせて頂いております。

すでに、桐生市の宝徳寺様、崇禅寺様、千葉県の小松寺様、能蔵院様、愛知県の龍渕寺様、神奈川県のデザイナー様、東京都在住の画家様、愛知県の密蔵院様、岐阜県在住の心の書画家 伊藤一樹様、栃木県の西明寺様、千葉県の鶴峯八幡宮様、大阪府の天之宮神社様、埼玉県のカメラマン金井紫様、京都府の證安院様、栃木県の星宮神社様、京都府の法住寺様、栃木県の持寶院様、福井県の大安禅寺様、群馬県の木澤譲様と京都府の鍵井保秀様、静岡県の画家乾久子様、愛知県の観音寺様、愛知県の圓通寺様、千葉県の鈴木百合香様、大分県の延隆寺さま、福岡県の岩屋神社様、岡山県の縣主神社様、栃木県の一筆龍 阿部哲也様、東京都の法輪寺様、福岡県の浄泉寺様、愛知県の観音寺様、京都府の大雄院様、長野県の中嶋美佳様、東京都の大濵由貴様、栃木県の萬福寺様、群馬県の一之宮貫前神社様、群馬県の重田英司様、京都府の教法院様、東京都のH&M‘s様、大阪府の岡村三郎様、北海道の北大寺様、和歌山県の恵運寺様より御奉納頂きました。

心より感謝申し上げます。

御朱印で繋がったご縁を大切に、後世に残していきたいと思っております。

 

天井画集の頒布を始めました。

初回は11枚セットで、オリジナルクリアファイル付きでございます。

其の弐、其の参、其の四も11枚セットで頒布の用意が整いました。

たくさんご用意しておりますが、数に限りがございますので、ご了承ください。

ご希望の方は社務所にてお声がけください。


お稲荷さんと於菊のお話

江戸時代 新町に於菊という心優しく美しい娘がおりました

於菊はいつも稲荷神社で 近所の子供たちの面倒をみており、皆に慕われておりました

ある日、重い病にかかり住む所を失いました。

子供達の親が不憫に思い、稲荷神社の側に小屋を建て交代で看病しました。

三年の月日が流れたある夜、稲荷の神様が夢枕に現れ 人々のために尽くすようにと於菊に告げたのです。

お告げと同時に病は全快し、稲荷神社の巫女になりました。

熱心に神明奉仕を続けるうち、神秘的な力を授かった於菊の元には、近隣、遠方から多くの参拝者が相談に訪れました。

困りごとは 稲荷の於菊に聞け、於菊の稲荷に参ろうと、いつしか於菊稲荷神社と呼ばれるようになりました。

今でも於菊は大好きなお稲荷さん(神様)のお手伝いをしているそうです


ラインスタンプ  <お菊さんとお白狐さん>販売中

ラインスタンプの売上はすべて 新社殿造営後の維持 管理 境内整備に充当させて頂きます。

スタンプ第2弾<かえるくんと縁起物>販売開始致しました。

楽しく使ってください!